頭も体もスッキリ!コロナ下の『眠活』①イライラ型不眠

コロナ対策により仕事や諸々がなかなかスムーズに進まない。気晴らしに食事に行ったりお酒を楽しみに行きたいけれどここは堪えどき(苦!)「はぁ…このストレスをいったいどこで晴らせば良いのだーーー!」と、鬱憤(うっぷん)が溜まり、少々イライラされている方多くいらっしゃるのではないでしょうか。筆者も少々この様な傾向が。。このイライラ、睡眠の質にも影響してくることが…。

ストレス、イライラが原因の不眠。漢方、中医学では五臓の『肝』と『心』の関係性、調和が乱れている時に起こると考えられています。

【肝・心・脾・肺・腎】と漢方、中医学では内臓と機能を五つに分類しています。これらを五臓といいます。臓と臓がお互いに手助けをし、監督し合いながら良い関係性を保ち、調和して私たちの健康が作られていると考えられています。この関係性、調和が乱れた時に不調が起きやすいのです。

肝と心は”母”と”子”の関係と考えられています。関係が良好な時には『肝』が母となり『心』を見守り、優しく励まします。これにより『心』は安心して自分の役割を務めることができます。

また逆も然り、母が乱れれば、子にも悪い影響を及ぼします。これを…

【母病及子】

母である『肝』がストレスの影響で異常な熱を持ち始め、働きが乱れると、子である『心』にも影響が及びます。母がイライラしてるものだから、子も落ち着かない。情緒や心拍を安定させながら睡眠を作る『心』が夜になっても休むことができません。興奮状態が続いてしまい、なかなか寝付けなかったり、何度も目が覚めたりと睡眠に影響があらわれてくるのです。

睡眠の不調が起きたら、まず第一に補強していくのは『心』。イライラタイプ不眠には同時に『肝』の熱を鎮めていくことが大切です。

心の乱れを調える食材…小麦、ココナッツ、ココア

心の熱を鎮める食材…牡蠣、卵黄

肝の熱を鎮める食材…あわび、いか、貝柱、黒豆、あしたば※、アロエ※、かに※

※印のものは少し強い働きがあるので食べすぎ注意です。

白金癒淹でもイライラ型不眠を解消させる漢方茶をご用意しております。

【乙姫の宝箱】

『心』を調える代表的な生薬”西洋人参”がブレンドされています。この生薬はとても希少な生薬です。当店ではその中でもさらに良質なものを厳選しております。

質の良い睡眠は健康な体とキレイなお肌をつくります。日々の飲食に漢方の知恵を。コロナに振り回されずゆったりと良質な睡眠をとれるよう調えていきましょう。

国際中医薬膳師 田中奈津子

白金癒淹漢方コラムは毎月第一、第三土曜日14時更新です。次回は6月5日。

『春の真ん中の養生』”風”に吹かれて揺らぐ気の巡りに…

こんにちは。暖かくなり過ごしやすい気候になってきましたね。皆さん元気にお過ごしでしょうか。

前回お話しをした春の初めのデトックスを終えたら、次は『春の真ん中の養生』に移っていきましょう。

春一番、花吹雪、花嵐など春をあらわすのに風の動きを用いている言葉が多くありますよね。このことから春といえば風…というイメージが古くから日本に根付いていることがうかがえます。中医学から日本で発展した漢方においても春と風には深い関わりがあると考えられています。

漢方ではそれぞれの季節ごとに体調を乱す”邪気”というものがあると考えられています。免疫、抵抗力などが落ちていると邪気が隙をつき体内に。春の邪気は気の巡りを乱す”風邪(ふうじゃ)”というもの。

※風邪(ふうじゃ)と風邪(かぜ)は別。風邪(かぜ)のことを漢方では感冒(かんぼう)といいます。

この風邪(ふうじゃ)が体に侵入してくると”気”をスムーズに巡らせて情緒を安定させる”肝”という箇所を煽(あお)り、捲(まく)し立て、気の巡りをしっちゃかめっちゃかにしてしまうのです。それにより怒りっぽくなったり、塞ぎ込んだり、ソワソワと落ち着かない、あとは衝動買いなど普段ではあり得ない行動をとってしまう(ドキッ!)…思い当たる節ありますか?

春の真ん中の養生は”疏肝理気(そかんりき)”。肝を落ち着かせ、気の流れを調える事。

肝の動きを落ち着かせる食材を少し多めに食べてみてください。セロリ、トマト、ピーマンなどの野菜、魚介類ではクラゲなどが良いでしょう。これらの食材に気を調えるチャービル、三つ葉、グレープフルーツ、ライチなど香りの良いものを合わせると相乗効果でより良い働きに。また、春にため息が多くなったり、胸のつかえを感じる方は日本の山椒をお料理にちょこっと効かせるのがおすすめです。

白金癒淹でも肝を落ち着かせて春の不調を緩和する漢方茶をご用意しています。

★織姫の恋★肝の不調からくる気の乱れによる目まい、頭痛、目の充血を緩和する生薬”桑葉(そうよう)”をメインにブレンドし、肝をいたわり滋養する生薬、枸杞子も加えています。緑茶のような爽やかな味わいを楽しめます。

漢方の源流である中医学では、体と心を伸びやかにさせてあげる事が春を上手に過ごす一つの養生法として伝えられています。ゆったりと着られるお洋服で過ごしたり、ヘアスタイルをゆるりとほぐしたり、嫌なことはできる限り避けたり…体や心をあまり締め付けずに伸びやかに春を過ごしてみて下さい。

国際中医薬膳師 田中奈津子

次回は『春の終わりの養生』〜脾に元気を補い健やかな春を〜3月20日更新です。

『春の初めの養生』冬眠モードから少しずつ目覚めていく身体に…

立春を過ぎ、少しずつ暖かい日が増えてきましたね。

上手な春の過ごし方。それは春の3か月を【前期/中期/後期】とわけ、気温・外気に合わせて身体を養生していくことです。

春のはじまり。10℃半ばを超える暖かい日もあれば、冬の名残りで2℃、3℃まで気温が下がる寒い日もありますね。春の前期(3月初旬頃まで)は、この気候と同じく、人の身体にもまだ冬の影響が残っているのです。

冬は生物にとって冬眠の季節です。気、血、水を体に溜めておき、あまり発散させないよう代謝も制限モードに。あまり力を使わずに、持っているもので長ーく、細ーくコンパクトな生命活動を行うようになっています。ですから冬になると太るーーー(泣)という方、これは冬に栄養を溜め込もうとする生物の性でございますからご自分をお責めになることなくっ!

冬の間に蓄えた物を春までに使い切ればよいのですが、多くの方が古い物を体に残したまま春を迎えてしまいます。残った古い気、血、水は不要な熱を発してしまい、体に良からぬことを起こします。これらをちゃんと外に出してあげるのが春前期のミッションです。

初春の養生は『清熱解毒』。デトックスです。

食材では”たらの芽”、”ふきのとう”、”タケノコ”などの春の山菜。”黒豆”、”しじみ”、”生姜”もデトックスをサポートするので積極的に摂りましょう。

また、熱はないけど体が熱いな…と感じたら、古い物が多く残っているサインです。内熱をクールダウンしてくれる”あわび”、”はまぐり”、”いか”などの魚介類を食べてみてくださいね。

白金癒淹の漢方茶もお手軽に美味しくデトックスを進めることができるのでおすすめです。デトックスに良い”黒豆”がブレンドされた漢方茶は…

★乙姫の宝箱★デトックスに良い”黒豆”、”はと麦”がブレンドされています。”はと麦”は「よくいにん」という漢方生薬。体に溜め込んだ古い余分な水分とそれに伴う熱を外に出すので春の初めにとても良いです。

中医学ではこの季節、少しだけ早起きをすることを提唱しています。早起きついでに軽い運動を始めて発汗を春モードに切り替えていき、少しずつ代謝を上げていきましょう。

次回は『春の真ん中の養生』についてお話ししたいと思います。

国際中医薬膳師 田中 奈津子