美しい爪=肝の充実度。指先に品を宿らせて…

こんにちは!気温が上がってきましたね。発汗量が増えてきていると思います。発汗は体内の水分だけではなく、”気”も消耗するので汗をかいた後は十分な休息をお取りくださいね。

さて、最近よく聞く”先端美人”。髪の毛先や爪、体の先端にある小さな部分まで調っている方を言うそう。先日、歩きながら落とした羽織りものをご婦人に拾っていただきました。羽織りを手渡された際に、ご婦人の美しい手の先端、短く調えられた桜色の艶やかなからハッとするほど品格を放たれていたのです。自分の手指を隠したくなってしまいました(汗)…は小さい部分ですが品が宿るパーツです。綺麗に調えておきたいですね。

”爪”。中医学では血のタンクの臓『肝』の充実度が表れる箇所と考えられています。

五臓の中のは血を貯めて、血流量をコントロールする働きがあります。こののグループには筋、目、そして爪が属しており、に不調が起こった際にはその影響でにもそのサインが現れます。が薄い、が白い、二枚、割れやすい、欠けやすい等。これは【肝血不足】の不調サインです。本来たっぷりと”血”を貯蔵しているはずのに十分なが集まっていない、足りていない状態です。この機会にご自分のの状態をちょっと観察してみてください。

にサインが出ていたらを補う”補血”の食材をお食事に取り入れて滋養していきましょう。

肝の補血に良いお野菜、果物…あしたば、黒豆、枸杞の実、パセリ、チャービル、ほうれん草、ライチ、カシスなど

肝の補血に良い肉類、魚介類…あさり、あわび、いか、さば、牛レバー、鶏レバー、豚レバーなど

上記の食材に当店の漢方茶の『草原の人魚』を是非合わせてみてください。の生成を捗らせる黒豆、枸杞の実をブレンドしているので補血にとても良いです。

実は私、あまりが強くないタイプなのです。上記の食材を食事に取り入れ、あのご婦人のようにを美しくし、指先から品格を漂わせる”先端美人”を目指していこうかなと思います。の養生、ご一緒にいかがですか。

国際中医薬膳師 田中奈津子

白金癒淹の漢方コラムは毎月第一、第三土曜日PM2:00に更新しております。次回の更新は8月7日です。

季節の変わり目

暑い暑い夏が過ぎましたね。
季節は秋…🍂
窓を開けると金木犀の良い香りが漂います😊

季節の変り目はいろいろと体調を崩す方も多いので
お気をつけくださいね🍵

夏の疲れには『乙姫の宝箱』がオススメです。

体調・体質に合った漢方茶を飲んで
身体の内側から整えましょう!