冷えが“むくみ”を呼んでくる!?〜”津液”コントロールでbodyすっきり〜

こんにちは。刺すような寒風に怖気づき引きこもっておる私です。

これ良いぞ!という防寒グッズがあれば是非お教えくださいませ。

さて今日は“むくみ”のお話。お肌のお悩みと並び、悩まれている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。むくみは“水腫”と漢方中医学では呼ばれています。むくみ(水腫)の原因は津液の生成、運搬、排泄という水分代謝のサイクルの乱れにあります。ではこのサイクルがなぜ乱れたのか。

津液は自分で動くことができません。”気”に各所へ運んでもらいます。この気の乱れがむくみの本当の根本的原因です。次になぜ気が乱れるのか。冷えです。冷えは内臓のエネルギーを奪い、動きを悪くしていきます。気を作る臓『脾』、津液の量を調整する『肺』、排尿の要である『腎』これら津液サイクルの駅となる臓の働きが低下するのです。

微妙な冷えを秋頃から感じつつも特に温活などせずに今に至る方はこのむくみが下半身に顕著に出ていませんか。

むくみが出てきたら、飲食物から気を作る”脾”を元気にしていきましょう。脾を元気にするにはお米、お豆が一番です。運動をして発汗させるのも大切です。更に余分な水分を尿として排出させる”腎”を温めて活発に動くようにしていきましょう。くるみやエビなどをおかずに取り入れてみてください。また尿の排出をサポートするとうもろこしやパクチー、黒豆も多く食べると良いですよ。少し控えた方が良いものは、生ものやひんやりした食べ物です。脾を弱らせてしまうので加熱した温かい食べ物を心がけてください。

また、忙しく食事の組み合わせを考えたり、食事を作ったりできないときには当店の漢方茶をぜひ試してみてください。温めるシナモン、排尿を促す黒豆、脾や腎を温めて調えていく生薬がブレンドされています。

甘茶でほんのり甘みをつけています。ミルクで煮出しても美味しくいただけます。

シナモンの甘い香りはミルクと相性抜群です。

どの不調でも長引かせるとやがて大きな病へと繋がっていきます。病院行くほどでもないけどちょっと…体に少しでも違和感を感じたら当店へ。資格を持つカウンセリング経験豊富なスタッフがご相談に乗ります。

ご自分の体質に合わせた普段のちょっとした飲食への気づかい、年齢やライフスタイルに合わせたちょっとした運動が実は一番堅実な健康法です。10人いらしたら10通りの健康づくりの方法があります。ご自分のためだけのオーダーメイドの健康作りを白金癒淹で探してみませんか。

                                       国際中医薬膳師 田中奈津子

白金癒淹漢方コラムは毎月第一、第三土曜更新。次回は2月5日(土)更新です。

お屠蘇(とそ)で願う無病息災

明けましておめでとうございます。

2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

元旦。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私は仙台にておせち作り、お雑煮作りを終えひと段落。ストーブに当たりながら初売り広告に目を通していたところです(笑)

さて最近ではなくなりつつあるお正月風物詩”お屠蘇”。お酒やみりんに生薬を漬け、元旦の朝にいただきその年の厄払い、邪気払いをします。これは中国から伝わってきた風習です。

飲むと体が温まり、血行が良くなり、元気が満ちてくることから古代中国でお酒は娯楽ではなく薬として重用されていました。”医”の旧字体、”醫”では漢字の下のつくりは酒という字なんですよ。

お屠蘇に漬ける生薬は白朮、山椒、桔梗、肉桂、防風、陳皮…。お腹を温め、体に元気を呼び起こし、咳や痰を鎮めて呼吸を安定させる生薬を組み合わせています。病気予防とりわけ風邪予防、風邪初期の症状緩和に◎。これをお酒と共に飲むことで巡りをスムーズにし、生薬が各所でその働きを十分に発揮できるようになります。

風邪が大きな病気を引き起こすきっかけになったり、持病をより悪化させたり…と、風邪は万病のもとと言われるよう病気予防、健康維持にはまず風邪をひかない体を作ることが大切です

お酒が苦手…という方には当店の漢方茶をお屠蘇がわりに飲んでみませんか。お屠蘇と同じく桂皮がブレンドされ、白朮と似たハトムギがブレンドされた「雪娘のぬくもり」がおすすめです。

大切な人の無病息災を願うお屠蘇という温かなお正月の風習がずっと先まで受け継がれていきますように…

国際中医薬膳師 田中奈津子

本年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

白金癒淹漢方コラムは毎月第一、第三土曜日更新です。次回更新は1月15日です。

本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

カゼひきさんが増えてますね…カゼの原因を漢方の知恵でブロック!

こんにちは!朝方は冷え込みますね。

寝床から起き上がれずつい遅起きになり、あー、また寝坊…と、落ち込む事なかれ。

漢方では”早寝遅起き”が冬の養生(健康法)として推奨されているんです^^

今日はカゼについてお話を。くしゃみ、鼻水など一般的に言われるカゼを『感冒』と名付けています。

感冒薬のあの感冒です。

感冒は空気中に浮遊するある邪気が体にひっつき、入り込み気管支、喉などの呼吸器系を乱して咳、鼻水、喉の炎症を引き起こします。このある邪気とは”風邪(ふうじゃ)”。この風邪が冬には”寒邪(かんじゃ)”というもう一つの邪気とタッグを組みます。この悪役タッグは鼻、口、皮膚から体内に侵入し、カゼを引き起こします。帰宅後の手洗い、うがい、時間と余力があればシャワーで体に着くこの邪気の悪役タッグを洗い流すと尚良いでしょう。

さてこの邪気、時に自ら体内に誘い込んでしまうこともあるのです。それは体の正気が落ちている時、”正気不足”と言います。正気とは抵抗力のことを指します。風邪は一年中、空気間を浮遊しているので正気不足(=抵抗力不足)の方は季節に関係なくカゼをひきやすくなります。

日頃からしっかりと正気(抵抗力)を体に充満させることがとても大事です。カゼをひいてから対応するのではなく予防を重視しましょう。

日々のごはんと定期的な運動(軽度のもので○)で体の内外の養生をし、正気(抵抗力)を生成、保持していきましょう。

正気(抵抗力)を作る

【生薬】高麗人参、山薬(やまいも、ながいも)、大棗(なつめ)など。

【食材】お米、かぼちゃ、鮭、いわし、鶏肉、アスパラ、みそ、あさつきなど

白ごはんに焼鮭、かぼちゃの煮付け…昔から日本の朝ごはんとして親しまれた献立が実は抵抗力を育むのにとても理想的な組み合わせ。

抵抗力を作る高麗人参がブレンドされている当店の漢方茶
【草原の人魚】もカゼ予防に◎です。

予防を頑張ったけどカゼをひいてしまった時には水分を一緒に摂れるお粥や煮込んだ麺類、果物果汁など消化しやすい(脾に負担がかからない)ものを温かく食べられる調理法で。

侵入した邪気を追い払う

【生薬】桂枝(シナモン)、紫蘇、葱白(長ネギ)など。

【食材】生姜、にら、えび、鮭、鶏肉、もち米

生姜とネギをたっぷり入れた鮭雑炊などおすすめです。

邪気を追い払い回復を早める桂枝がブレンドされた当店漢方茶【雪娘のぬくもり】

カゼのサインは割と早く出ています。首筋がぞくっとしたり、体がすこしだるかったり…この時にあ!感冒きた!!と気づき養生を始めるとすぐに回復していきます。逆に…これぐらい寝れば治るさと放置してしまうと重症化に、回復するのに時間がかかってしまいます。カゼは予防第一、またかかってしまったらすぐに邪気を追い払い体のダメージを最小限に。寒い冬ですが寝込むことなく健やかに過ごしましょう。

読者の皆様、今年一年漢方コラムにお付き合いいただきありがとうございました。記事が少しでも皆様の暮らしのお役に立てたのならこんなに嬉しいことはございません。また心温かいメッセージを送ってくださりありがとうございました。皆様のご健康作り、美容のお役に立てるようなコラムをこれからも書いてまいります。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

国際中医薬膳師 田中奈津子

白金癒淹漢方コラムは毎月第一、第三土曜日の午後2時頃の更新です。次回はなんと元旦の更新となります!

”腸”を調えて温めて…年末年始を快腸で過ごしましょう。

コロナが落ち着き始め、年末年始を機に久々に会おう!という機会が増えそうです。久々に会う大切な方々との食事の時間、嬉しさでついつい食べ過ぎ、飲み過ぎてしまう事があるかも…今回は消化器系の養生についてお話。

漢方、中医学では内臓器官、呼吸や消化などの生命活動を5つのグループに分けて考えています。人体の内臓、働き全てがこの5つのグループのどこかに属します。これを五臓といいます。そのうちの一つの臓『脾』。脾は消化、栄養吸収などに関わる働き、消化器系器官が属する臓です。

飲食物をまず胃が受け取り、ここで吸収しやすい形状に変化させます。次にそれが小腸で気、血、津液の素となる物、不要な物と分けられ、素となるものを運搬担当の臓へと送り届け、不要となるものを大腸へと下ろします。

生きていく上で絶対に必要な気、血、津液の素となる物が全て『脾』という臓で作られています。ここが弱れば気、血、津液は生成されず不足し、私たちの体に不調が起こります。

行き過ぎた食事量、飲酒量は脾に大きな負担をかけるので脾を疲れさせてしまいます。また普段よりも強い疲労を体が背負っていたりするとこれも脾の動きを停滞させてしまいます。冬はこれに加えて冷えも脾の動きを邪魔する要因となります。

脾に元気がない時に起こる不調サインは食欲減退、無気力、むくみ、寝ても取れない疲れ、便が固まっていない、…など。脾の悪い状態が続くと激しいお腹の痛みに繋がることもあります。

脾の疲れを回復させていたわっていく養生食材は何といってもお米と豆類。シンプルですが、お米とお豆を三食きちんと摂っています!と、自信を持って言える方は意外と少ないのではないでしょうか。脾の薬と思ってなるべくお米を毎食摂ってあげることをおすすめします。

また食べ過ぎ、飲み過ぎの朝にはおかゆを召し上がると脾の作業、負担が減り、ゆっくりと脾を休ませてあげる事ができます。冬はお腹を温める生姜や紫蘇、スパイスなどをあわせて摂ると良いでしょう。

草原の人魚…弱った脾を元気にする高麗人参がブレンドされています。

何年かぶりの忘年会、新年会、クリスマスパーティー…感染対策をしっかりと行いながら楽しいひとときをお過ごしください。このコラムの記事をちょこっと頭の隅に残していただき暴飲暴食のストッパーとなれましたら幸いです。

国際中医薬膳師 田中 奈津子

漢方コラムは毎月第一、第三土曜日に更新しています。次回更新は12月11日です。

冬の漢方養生〈後編〉

こんにちは。気温は20℃を切り10℃台になり少しづつ下がってはきていますが、まだ日中はぽかぽかと暖かい日が続きますね。前回お話しした体を冷やす悪い気”寒邪”はまだこちらの様子をうかがっておとなしくしているようです。入り込む隙のないよう前回の養生を是非続けてくださいね。

今回はもう一つの養生”補腎”について。字が表すよう腎を補うこと。『腎』という臓は人間の生命の源と考えられており、主な役割としては生殖成長、呼吸で得た気を受け取る、潤いの巡りを調節するなど。生命活動がここからはじまると言っても過言ではないでしょう。

この”腎”が苦手とし、過ごしづらい季節が冬。腎は寒さが苦手なのです。

寒さ、冷えにより腎の働きは小さく小さく縮こまり、成長、気の補給、血に潤いの巡りも停滞しがちになり、体への栄養循環がうまくできず、元気、やる気が起きずに無気力になることも。

また生殖に深く関わる腎ですから、不調になれば月経不順及び停止、性機能低下なども起こります。月経周期の乱れ=お肌回復周期の乱れとなりますからお肌の調子が悪くなるという二次不調も。

冬の間に腎をしっかりと温めて、心地よく役割をはたせるように養生をしていきましょう。腎に足りないものを補い調子を調えていく食材は…

補腎(腎を補って元気にする)の食材→栗、ぶどう、黒胡麻、うなぎ、えび、くるみ、シナモン、豚肉、羊肉など。

前回お伝えした体を温める食材と合わせてお使いください。当店漢方茶も冬の養生に大いに貢献いたしますのでぜひお試しになってみてください。

腎がちゃんと調子良く保たれているかは”髪”に出ます。艶やかでボリューミーな髪、これは腎がとても充実している証なのです。冬に髪がぱさつく、白髪が増えるなどは腎の不調の表れです。上記の食材をたくさん食べて次の季節”春”に髪も肌も美しく艶やかに開花させましょう。

国際中医薬膳師 田中奈津子

漢方コラムは毎月第一、第三土曜日のPM2:00に更新しております。次回更新は12月4日です。