漢方茶で使う生薬のあれこれ〜黒豆・黒豆衣〜

こんにちは。連日猛暑日が続いておりますね。発汗に備えてこまめに水分補給をなさってください。また、中医学では発汗と共に”気”エネルギーも消耗されているとされています。3食しっかりとご飯を食べてエネルギーの補給も大切です。

今日ご紹介するのは、白金癒淹漢方茶に使われる生薬”黒豆(こくず)”。黒豆は皮も黒豆衣(こくずい)という生薬になります。当店は黒豆を実も皮も丸ごと使っております。

黒豆は補陰薬として血や潤いが不足した方によく使われています。貧血によるふらつきや月経不順にも良しとされています。黒豆衣は更年期世代に起こりやすい陰陽バランスの崩れからくる頭痛やめまい、ほてりにとても良い働きをするとされています。また、イライラを感じやすい時に食すと情緒が鎮まるとされています。

黒豆と黒豆衣は当店漢方茶『草原の人魚』、『乙姫の宝箱』、『雪娘のぬくもり』にブレンドされています。

閉経前になると臓の動きは段々と小さくなります。このため各所で血、津液が不足しがちになり、頭痛、めまい、不眠、ほてりなどが起きる…と、更年期という言葉はなくても中医学では昔からこの世代になると不調が起きると考えられていました。

更年期症状を回避、緩和するために黒豆、黒豆衣を積極的に摂っていきましょう。

国際中医薬膳師  田中奈津子

白金癒淹漢方ブログは毎月第一、第三土曜日に更新されます。次回更新はは7月16日です。

漢方茶で使う生薬のあれこれ〜高麗人参〜

こんにちは。気温の高い日が続いています。前回、多く汗をかくと同時に”気”も多く消耗するので発汗後は水分と気を補うものを一緒に摂りましょうとのお話をしました。では、発汗で失われた気はどのように補えば良いかというと…

呼吸と飲食から補います。思い切り空気を吸い込むことで肺がそれを受け取り、そこから気を作ります。また、飲食では米類や豆類が一番。といっても、ご飯時間以外ではなかなか食べられませんよね。お煎餅、甘納豆などの豆菓子でも良いかと思います。

気を補う生薬といえば”高麗人参”。気温が高い=陽が強い。陽はものが動く時のエネルギーですから、気温が高くなれば強くなり動きが激し過ぎてしまう時も。これは人間の内臓の働きともリンクします。激しく動いた内臓の疲れを癒して元気に戻していく…高麗人参にはそんな働きがあるのです。

高麗人参は昔から韓国、中国の王朝にて”霊草”として健康作りに欠かせないと重用されてきました。日本に入ってきたのは8世紀ごろ。当時の高麗人参が正倉院に今も保管されています。

高麗人参スライスがそのまま入っています!

当店の漢方茶で高麗人参が入っているのは緑のパッケージの『草原の人魚』です。3、7、10ティーバッグのご用意がございます。古代から伝わる高麗人参を味わい、体に与えてくれる良いことを実感してみてください。

国際中医薬膳師     田中奈津子

白金癒淹漢方ブログは毎月第一、第三土曜日に更新です。次回更新は7月2日です。

暑さを和らげ、元気を取り戻す養生ポイント

暑い日が続いております。コロナの制限など緩和され、運動会やスポーツなどの屋外行事が各地で開催されていますね。熱中症のリスクもこの時期からグッと高くなります。水分補給と適度な休憩を意識してお過ごしください。

気温の上がり始めるこの時期は体が高い気温に順応がまだできていないので少々辛い時。暑い時の養生ポイントの一つは衣服調整などの外的な対処に加えて、”食事やお茶で体の中から熱を取り除いてあげる”インナーケア。トマトやスイカ、レモンなどを少し多く摂ると体の熱がすーっと引き、体が楽になります。

中医学、漢方では発汗すると同時に”気”(エネルギー、活力)も汗と共に排出されると考えています。汗をかいたら水分+気を補うものをしっかりと摂ることも大切な養生ポイントです。まずはお米をしっかりと食べましょう。どうしても食欲が出ない時にはお粥を冷まして食べたり、甘酒を少し冷やして飲むと良いですよ。

当店の漢方茶の”月兎のご褒美”もおすすめです。ブレンドされているのは肝の熱を冷ますローズヒップ、心・脾・肺の熱を冷ますハイビスカス。各所の熱が満遍なくクールダウンされるのです。また、水分代謝を整えてくれるのでお肌の潤い保持にも◎ スタッフはこれにはちみつ、レモンを加えてビタミン盛り盛りでいただいています。

梅雨に入る前にすでに夏の陽気ですよね。水分補給と気の補給、体をクールダウンさせる食材これらをうまく取り入れて暑い季節を乗り切りましょう。               

                                       国際中医薬膳師 田中奈津子

※ 漢方ブログは毎月第一、第三土曜日の更新しております。次回は6月18日更新です。

お豆の力はやっぱりスゴイ!

こんにちは。沖縄はもう梅雨に入りましたね。今年は全国的に例年より少し梅雨の時期が早まっているようです。

今日は自称”豆オタク”の私が色々なお豆が薬膳でどのような働きをするかというのをご紹介したいと思います(^^)。

まずは、大豆。加工過程でその働きが変わってくるので大豆製品なら何でも体に良い!というわけではないのです。体質によって使い分けることをお勧めします。まずは豆腐。お腹や血の巡り、潤い不足にとても良いのですが、体を冷やす性質もあります。

冷え性の方は豆腐と同じような働きで体を温める納豆を。お肌の潤いをとにかく作りたいという方は豆乳を。湯葉は咳や痰が気になる時に食べましょう。

小豆(あずき)。体内の水分をスムーズ巡らせます。水分の巡りが悪い時のむくみ、体のだるさを緩和します。吹き出物などお肌トラブルを解決する美肌のお豆です。

ひよこ豆はお腹を元気にし、レンズ豆はデトックスに◎

最後は女王の豆”黒豆”。アンチエイジング、更年期症状に抜群の働きをするので女性に欠かせないお豆です。皮と実では働きが違いまして、皮は更年期症状に感じやすい熱感、ホットフラッシュを鎮めます。実は血を増やすので貧血症状を回復へ導きます。

ご自分の体調に合いそうなお豆はありましたか?お豆を上手に使い日々の養生にお役立てください。

国際中医薬膳師 田中奈津子

おトイレ時間に体調セルフチエック〜お通じに出る不調サイン〜

こんにちは。GWも明日で終了ですね。海へ山へと思い切り外でエンジョイした方、またはおうちでゆっくりと過ごした方様々かと思います。お休みが続くと、遅寝や遅起き、食べ過ぎに飲み過ぎ…ついやってしまいませんか、戻すのが大変なのはわかってるのだけど…。まぁ筆者のことなのですが(苦笑)。

少し乱れてしまった体の調子は早めに調えていきましょう。お通じで簡単なセルフチェックを。

少しどろっとしている時、これはお腹に元気が足りておらずGWの疲れが残っているかも。気はお通じを程よい硬さに固めます。お通じがどろっとしていて固まっていない=気が足りないと考えます。これに併せてお腹の張りを感じる場合も。こういう時には、お腹に元気をもたらすお米、豆を多く摂りましょう。

便が水っぽく、お腹にゴロゴロと音が鳴り痛むのは、お腹が冷えて動きが停滞している時。GW中の集まりで冷たいものを飲み過ぎていませんでしたか。体を温め、冷たいものを控えましょう。お腹の動きが悪い時なので負担をかけないお粥などが良いでしょう。

お通じの匂いが強い、酸っぱい匂いがする。また、腹痛があったりお通じに食べ物の形が残っているときは、消化不良が考えられます。消化のキャパを超えてしまう飲食量、心当たりございますか。食べる量を抑えて、胃に負担がかかる揚げ物、脂っこいものを避けると良いでしょう。

GWの疲れを総合的に調えていく当店漢方茶『草原の人魚』もオススメです。

なるべく普段の食事や生活リズムを崩さずに暮らせれば一番良いのですが、やはりお休みになると開放感や楽しさが優先されてつい食事や睡眠リズムが…。それでも良いんです!ただ、不調は長く引きずらないよう、立て直しを早め早めにしていきましょう。

国際中医薬膳師 田中奈津子